お客様本位の業務運営に関する方針

タッチストーン・キャピタル・マネージメント株式会社(以下「当社」といいます)は、金融庁より2017年3月30日付で公表された「顧客本位の業務運営に関する原則(その後の改訂も含み、以下「本原則」といいます)」に示される7つの原則のすべてを採択し、お客様により良質なサービスを提供することを目的として、以下の方針を定めます。

1.お客様本位の業務運営に係る方針の策定・公表

当社は、不動産のインベストメント・マネージャーとして、お客様の最善の利益を追求すべく、お客様本位の業務運営に関する方針(以下「本方針」といいます)を策定し、公表いたします。
また、本方針に係る取組状況を定期的に検証し、必要に応じて本方針を見直します。

方針の具体的な内容・取組状況等

● 本方針の策定・公表
お客様から貴重な資産を預かる当社は、お客様の利益のために誠実に行動し、相当の注意を払う義務を負っています。
こうしたお客様からの信任に応えるために、本方針が、当社の業務運営を根底から支える中核の行動規範として遵守され、共通の価値観として組織内で定着・浸透していくことを企図としています。
当社は、本原則とそれを採択した本方針に則った業務運営を行うことにより、お客様の最善の利益を追求し、金融商品取引法の目的である「国民経済の健全な発展及び投資者の保護(金融商品取引法1条)」に資することを期待するものです。

● 想定している「お客様」の範囲
本方針における「お客様」には、当社が締結するアセットマネジメント契約の相手方が不動産関連ファンドの場合には、当該ファンドに投資をされている投資家の皆様を含みます。
当社は、主として金融商品への投資経験が豊富な投資家のお客様を対象として、投資マネジメント・サービスを提供し、特定投資家(一般投資家から移行された特定投資家を含み、以下同じ)である法人のお客様又はそのようなお客様のみを投資家とする不動産関連ファンドより、アセットマネジメント業務を受託しております。したがいまして、お客様又は不動産関連ファンドの投資家様が特定投資家たる法人であること、もしくはこれらと同等の知識・経験を有していることを前提として、本方針に従った業務運営に取り組むことを原則としています。

  1. お客様本位の業務運営に係る方針の策定・公表
  2. お客様の最善の利益の追求
  3. 利益相反の適切な管理
  4. 手数料等の明確化
  5. 重要な情報の分かりやすい提供
  6. お客様にふさわしいサービスの提供
  7. 役職員に対する適切な動機づけの枠組

    取組状況(2021年)