お客様本位の業務運営を実現するための取組方針

タッチストーン・キャピタル・マネージメント株式会社(以下、「当社」といいます)は、ミッションステートメントである「Passion for Excellence」をより具現化していくために、「社会規範及び法令等の遵守」をはじめ、「利益相反の適切な管理」、「お客様利益を重視した行動」、「お客様の立場に立った誠実かつ公正な業務の執行」を含む倫理理念を掲げ、業務を遂行する上での基本的な心構えを従業員が共有してまいりました。
当社は、主に不動産資産の運用・管理を受託するアセットマネージメント会社として、当然果たすべき説明義務や分別管理義務、忠実義務、善管注意義務にとどまらず、当社の行うすべての業務において、お客様の側に立脚してサービスを提供しなければならないという、より幅広い責任を負うことを再確認し、下記の行動規範を「お客様本位の業務運営を実現するための取組方針」として制定します。

  1. お客様本位のサービス
    お客様のニーズを理解し、必要な情報の提供と誠実かつ公正なコンサルティングを通じて、お客様の利益の最大化に貢献します

    お客様の知識、経験、財産の状況、投資の目的などを把握・考慮した上で、投資判断に必要な情報やサービスを分かりやすくタイムリーに提供し、お客様の利益に寄与できるよう行動します。
    投資家とのコミュニケーション頻度
    資格保有者数と割合

  2. 利益相反管理
    当社の地位や権限、業務を通じて知りえた情報などを利用して、不正な利益享受を図りません。

    利益相反取引の類型及びその類型における管理方法に関する自主ルールを定め、その手続と制限を遵守します。
    利害関係人取引と利益相反取引の取扱

  3. 明確な手数料体系
    お客様に安心して当社のサービスをご利用いただけるように、明確な手数料体系の形成を目指します。

    当社が提供するサービスに対する対価としてお客様が負担する手数料や費用については、取引に先立ち文書で提示し明確化します。
    報酬体系

  4. 企業文化の育成
    お客様へのフィデューシャリー・デューティーを重視した意識の定着に努めます。

    全従業員がお客様へのフィデューシャリー・デューティーを強く意識して業務にあたるよう、定期的に研修・教育を行います。
    研修実績